~社会とともに~「防災力・減災力の向上を目指して」

  • 開催日
    平成31年2月13日(水)
  • 時間
    13:00~16:30(受付開始時間 12:30~)
  • 定員
    150名[参加費無料]
  • 場所
    ウェスティンホテル 2階 グランドボールルーム〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町1-9-1

プログラム

  • 13:00

    開会挨拶

    東北大学総長 大野 英男

  • 13:05

    来賓挨拶

    文部科学省

  • 13:10

    講演

    • 「東北大学復興アクションの軌跡と未来」

      東北大学理事(社会連携・震災復興推進担当)、災害復興新生研究機構長 原 信義

      原 信義
    • 13:30

      「活断層型地震に備える:長町-利府線断層帯を例として」

      東北大学災害科学国際研究所 教授 遠田 晋次

      遠田 晋次
    • 14:10

      「海溝型地震に備える:東北地方太平洋沖地震がもたらした教訓」

      東北大学理学研究科 地震・噴火予知研究観測センター長 教授 松澤 暢

      松澤 暢
  • 休 憩(15分)
  • 15:05

    講演

    • 「最近の津波被害の特徴と防災の取組-3.11東日本大震災からインドネシア・パル地震津波」

      東北大学災害科学国際研究所所長、災害復興新生研究機構副機構長 教授 今村 文彦

      今村 文彦
    • 15:45

      「公衆衛生学的アプローチによる大規模災害対応」

      東北大学災害科学国際研究所 教授 栗山 進一

      栗山 進一
  • 16:25

    閉会挨拶

    東北大学総長特別補佐(震災復興推進担当) 張替 秀郎